• ご注文の手引き
  • 公式ブログ 森の恵み木酢ライフ
  • 木酢本舗のお得なお知らせメール
  • スマホ・タブレットの液晶保護ガラスコーティング剤 ぬってか・ピカグラス

森の恵み木酢ライフ

「腐植と農業」カテゴリーの記事一覧

「国際土壌年2015」・今年は“土の健康”に注目!

カテゴリー:腐植と農業

今年は国連の「国際土壌年2015」です。
土の果たす役割を広く知ってもらうために各国で色々なイベントや
試みが行われている。

「国際土壌年2015」は、国連食糧農業機関(FAO)とFAOが
各国に呼びかけて設立された「地球土壌パートナーシップ(GSP)」
が主導しており、各国の土壌研究機関など幅広く参加して、様々な
活動が行われている。

食糧安全保障と生態系機能の大切さについて理解を深めていこう
ということで、その達成に向けた目標も立てられた。

今地球上で食糧生産に欠かせない「土」の1/3が悪化しているといわれ、
国連の推計によれば、世界中で8億人以上が飢えや栄養失調に苦しんでおり、
「土」の悪化はその原因にもなっている。

国連の藩基文(パン・ギムン)事務総長は、「土壌は農業の基礎であり、
生態系サービスや食料、飼料、燃料、繊維、そして医薬品といった生活に
必要不可欠なものを我々に提供している」と述べた。

さらに、土壌は有機炭素の最大の蓄積先であり、地球規模の気候変動の
影響をやわらげるために重要であることや、貯水源としての役割に
ついても強調。「健全な生活は、健全な土壌なしには考えられない」と
持続可能な土壌管理の大切さを訴えている。

現在、世界各国で国際土壌年にちなんだ様々な企画が進行中で、
日本でも、ウェブサイト「国際土壌年2015応援ポータルサイト」
で土壌に関するイベントなどの情報を得ることができる。

・地球上で食糧生産に欠かせない「土」の1/3が悪化している
・「土」の悪化により、世界中で8億人以上が飢えや栄養失調に苦しんでいる。

農業は「土壌」が基盤で、「土壌」には地球上のすべての物質(元素)が
含まれ、多種多様な生物が共存しバランスを保っている。

人類は、農耕を始めて以来、森林を伐り開き、土壌と植物の共生関係を
大きく変更してきた。
西アジアからギリシャ、ローマとその中心を移動させていった古代地中海文明は、
森林を排除し、蓄積された土壌養分を消費することによって栄え、
そして衰退していった。

また、近代農法では、農薬や化学肥料の過剰施用が、生物反応と養分循環の
バランスを崩すこととなり、作物栽培に障害を生じさせている。

その「土」を蘇らせることは、今地球上で8億人以上の飢えや栄養失調で
苦しんでいる人々を救うポイントとなるだけでなく、このまま「土」の
荒廃がすすむことでより多くの人が同様の状況に置かれかねない事態です。

作物の生育に心地よい「土」とは、地球環境にも心地よく、人や地球上の
全ての生あるものにとって心地よい「土」と言えます。

「土」を蘇らせるとは、「腐植物質(フミン酸、フルボ酸)」
を生成させることでもあります。
「腐植物質」は単独の物質として地球上の一切の物理的、化学的、
生物的な様相に大きな影響を及ぼすことから、
土の中でも様々な役割を果たす重要な物質です。

「腐植物資」の存在が、より早く「土」を蘇らせ、また作物の生育にも
大いに貢献します。

WIN・TEC㈱は、「人と自然の調和を形に」の理念の下
自然界では有機物が分解・縮重合し生成されるのに50~100年かかると
言われる腐植物質を、短期間で生成させるKET腐植化促進剤により
「土」の蘇生と地球環境保全、それに安全・安心の美味しい機能性作物
の栽培に貢献してまいります。

低硝酸態窒素で 高機能なほうれん草

低硝酸態窒素で
高機能なほうれん草

エッ!簡単に出来るんだ、機能性作物が・・・♪

カテゴリー:腐植と農業

4月から「機能性表示食品制度」がスタートしましたね。

これまで、食品で機能の表示が認められていたのは、国が審査・認可した
トクホと、栄養機能食品のみ。
今回、科学的な根拠を示す論文などを消費者庁に届け出し、
安全性や機能性など一定の条件を満たせば、
事業者の責任で機能を表示できるというもの。

ポイントは、「身体のどの部位にどう作用するか」をはっきり記載できる点と、
トクホ同様に野菜や魚などの生鮮食品にも表示できる点。

効果があると思われる成分が一定量入っていれば良い。
例えば、βークリプトキサンチンを多く含む温州ミカンでは、
「本品はβークリプトキサンチンを含み、骨の健康を保つ食品です。
更年期以上の女性の方に適しています。」
メチル化カテキンを多く含むべにふうき緑茶では、
「本品はメチル化カテキンを含んでいるため、
花粉が気になる方の目や鼻の調子を整えます。」
また、ギャバを多く含むお米では、
「本品はギャバを多く含み、血圧の高い人におすすです。」
のような表示が考えられます。

これらはいずれもその機能性成分の量が測定でき、
その量を担保できることが必要な為、
野菜など栽培時期や栽培条件により
その機能性成分の含有量のばらつきがあるものについては、
今回の制度がすぐに利用できるというわけにはいかないようです。

とはいうものの、より安全・安心で美味しい生鮮食品への消費者ニーズは
今後もますます高くなっていくものと考えられますので、
様々な取り組みが検討されているようです。

中でも、東京デリカフーズ㈱が取り組んでいる野菜の4つの指標。
硝酸態窒素、活性酸素消去能(抗酸化力)、ビタミンC、糖度の4つ。

十数年かけ、全国の野菜2万検体について分析したデータから、
旬の野菜の良さを解明するとともに、
機能性の高い美味しい野菜の傾向を解き明かしました。
(「データが語るおいしい野菜の健康力」(丸善出版)
に詳しく記されていますので、興味のある方は是非一読ください。)
データが語るおいしい野菜の健康力
この貴重なデータから分かったことは、たとえばほうれん草であれば、
硝酸態窒素が少ないと、活性酸素消去能、糖度、ビタミンC含量が
それぞれ高くなる。
小松菜にしても他の野菜にしてもその傾向がはっきり見て取れます。

つまり、ポイントは美味しく機能性の高い(=健康に良い)野菜は、
低硝酸態窒素であるという事です。
同じ野菜でも、旬の時期のほうが、硝酸態窒素が少なく、
美味しく健康に良いことがわかります。
ほうれん草データ(4つの指標)
では、窒素を減らして栽培したらいいのでは・・・・・と思いますよね。
でも窒素は植物の成長には欠かせない三要素(窒素、リン酸、カリウム)。
植物の生育を左右する重要な元素なので、匠の施肥管理が重要となりますし、
安定的に、というわけにもいきません。

でも、特殊な鉄触媒を利用すれば、それほどの匠ではなくとも、
安定的に低硝酸態窒素の安全・安心・美味しい野菜の栽培が可能となります。

神戸商工会議所主催の「“商農工連携”新商品・サービス開発事業に採択され、
その技術を3年前から兵庫県下で広めているところで、
㈱いかりスーパーマーケットの「優菜農場ブランド」として販売されています。

もっと多くの消費者にもお届けすべく、
現在生産者の規模拡大を進めておりますので、応援宜しくお願いします。

☆人と自然の調和を形に☆
WIN・TEC株式会社


いかりスーパーマーケット“優菜農場”「大地の恵み・ほうれん草」

カテゴリー:腐植と農業

寒中お見舞い申し上げます。

大変お待たせしました。
昨年に続き、今年も「安全・安心で美味しい」ほうれん草が収穫できました。

昨年より関西の高級スーパーマーケット「いかりスーパーマーケット」で独占販売していただいている
低硝酸態窒素の安全・安心・美味しい、
湯がかずにそのまま「生で食べれる」ほうれん草の販売が今年も今日からスタートしました。

特別なブランド “優菜農場”

特別なブランド
“優菜農場”


サラダはもちろん、ピザのトッピングなどいろいろお試し下さい。
いままでにない甘いほうれん草は、野菜嫌いのお子様にも喜んでいただけるのではと思います。

発売期間は、今日から3月初旬までを予定しております。
㈱兵庫大地の会メンバーの3箇所の圃場で、収穫時期をずらせて少しでも長い期間、
皆さんに楽しんでいただければと思っております。

昨年は栽培量も少なく、塚口本店と夙川店の2店舗での販売でしたが、
今年は昨年よりも多くのほうれん草を栽培しましたので、より多くのお客様に楽しんでいただけるものと思います。
とは言っても、数量には限りがあり毎日店頭に並ぶ形にはならないと思いますが、
お近くのいかりスーパーマーケットに並んでいない場合は、お店でご確認ください。

毎週末には農家から直接いかりスーパーマーケット農産センターに納品しますので、
週末には店頭に並ぶものと思います。

今年のほうれん草は昨年同様、硝酸態窒素500ppm以下、糖度も9.0以上のものがほとんどです。
初めて食した方は、全くエグミがなく甘くて美味しい、今までに味わったことのないその美味しさに
きっと驚かれるものと思います。

いかりスーパーマーケットも、その品質を表す最高のブランド「優菜農場」の冠をつけ、
その特別性を評価していただいております。
低硝酸態窒素で 高機能なほうれん草

低硝酸態窒素で
高機能なほうれん草



硝酸態窒素は、葉物野菜の機能性のバロメーターにもなる成分で、
デリカフーズ㈱が全国の800検体にも及ぶほうれん草の1年を通した成分と味の分析をした結果、
ほうれん草は、いわゆる旬の時期である冬場(12月~2月)は
硝酸態窒素(硝酸イオン)が低いと、
糖度、抗酸化機能が高く、ビタミン量も豊富なことがわかっています。

何故「旬の作物」が体に良いのかが、科学的にデータで証明されたわけです。

ちなみに、1月のほうれん草の全国平均は、硝酸態窒素2,200ppm、糖度8.1です。
野菜や果物には「抗酸化力」「免疫力」「解毒力」のそれぞれの機能を発揮する成分が多く含まれており、
特に旬の野菜は美味しく、それぞれの機能成分がしっかり含まれています。
*参考文献;「データが語るおいしい野菜の健康力」(丸善出版)

「大地の恵み・ほうれん草」は、全国平均を上回る品質で、より機能性が高い野菜といえます。

全国的に蔓延しているインフルエンザ・・・・・、
今年のインフルエンザはより重篤化しやすく、ワクチンも効きにくいもののようですが、
「大地の恵み・ほうれん草」のような機能性の高い野菜をしっかり食べて、この冬をのりきってください!

このページの先頭へ