• ご注文の手引き
  • 公式ブログ 森の恵み木酢ライフ
  • 木酢本舗のお得なお知らせメール
  • スマホ・タブレットの液晶保護ガラスコーティング剤 ぬってか・ピカグラス

森の恵み木酢ライフ

「ヘルス&ビューティー」カテゴリーの記事一覧

勘違いしてたかも!? 夏こそ湯船入浴で健康に♪

カテゴリー:ヘルス&ビューティー

しばらく猛暑が続いていたかと思うと、台風の影響で各地で冷夏!

ただでさえ夏は、暑さ対策で冷房の効いた室内と屋外での温度差が大きく、
体温調節が難しくなりがちなのに、いきなりの冷夏・・・・・とWパンチ!
お肌も夏の強い日差しで光老化や乾燥でくたくたになりがち。

おかげで、「ぐっすり眠れない」「朝起きるのがつらい」など、
夏のだる~い疲れや、冷房による気づかない冷え、
さらに汗や紫外線によるお肌のダメージ・・・・・と、
夏は体調管理やお肌の管理が大変!

汗びっしょりで外出から帰ったら、すぐにシャワー!
また、就寝前の入浴もさっとシャワーを浴びてお休み。
夏の入浴は「シャワー」いう人も多いはず。

そんな夏のだる~い疲れや、気づかない冷え、
そしてお肌のダメージケアなど、
質の良い睡眠で夏バテ解消&夏のお肌のダメージケアが簡単ににできる
「おすすめの習慣♪」をご案内します。

その習慣とは、ズバリ!
◆「浴用化粧品“肌美人の湯”をお風呂に入れ、湯船入浴する」です。

木酢、月桃がたっぷり入った“肌美人の湯”を入れた湯船に浸かり
体を温めることで、しっかり温もり体温が上がり、
血管が広がることで血行と代謝が高まり、
疲労物質を取り除きお肌の再生を促すことができます。

さらにポリフェノールたっぷりの自然の恵み「木酢や月桃」、
それに「天然ヒアルロン酸、水溶性コラーゲンや、
特に保湿効果の高いセラミド3」が、紫外線による光老化や乾燥、
それに汗によるお肌のダメージをリセット!

また、就寝1時間前に湯船に浸かって体を温めることで、
ゆっくり疲れを癒し、上がった体温が下がるとき、
心地よい眠りが訪れます(寝室も空調で27~28度に保ちましょう)。

==================================
就寝1時間ほど前に“肌美人の湯”を入れた湯船に浸かることで、
ダメージを受けたお肌をリセットしながらしっかり温もり、
上がった体温が徐々に下がって
「心地よい眠り」につく・・・・・!
==================================
そのことで、夏バテを解消し、お肌も生き生きと保つことができます。

暑い夏は、シャワーが一番!・・・・・と思っている人が多いようですが、
実は、「夏こそ夏バテ防止と全身お肌ケアに湯船入浴がお勧め!」
というわけです。

**********************************
◆夏こそ湯船に浸かる入浴が大事!
浴用化粧品“肌美人の湯”を愛用の平子理沙さんも、
美容と健康のために、毎日の「湯船入浴」を欠かさないとのこと♪
2015.4.18メレンゲの気持ち・平子理沙・肌美人の湯紹介画像(1)
**********************************

体調管理がむずかしい今年の夏・・・・・、
浴用化粧品“肌美人の湯”を入れたお風呂にゆっくり浸かり、
厳しい夏を元気にお過ごしください。

暑いからこそ、お風呂に入る!

カテゴリー:ヘルス&ビューティー

まだまだ続くこの暑さ。
夜になっても熱帯夜で蒸し暑く、
熟睡できないので、夏バテぎみという人もいるのでは?

そんな夏の入浴タイムは、冷たいシャワーをさっさっさと浴びて終わり、
という人も多いはず。

でも、低温のシャワーを浴びた後は体温は高いままで、
体温より少し低いぬるめのお湯に浸かったほうが体温が下がっていた、
という実験結果があります。

大阪ガスエネルギー研究所が20台の男性10人を対象に行った実験で、
まず36度の暑い環境に設定した室内で90分間過ごす。
その後、
①28度のシャワーを3分浴びる
②32度のお湯に30分半身浴
③35度のお湯に30分半身浴
の3つの方法をとってもらった後、28度の室内で静かに30分過ごす。

その間体温(直腸温)を測定したところ、いずれも平均値で
①シャワーを浴びた場合、入浴前に37.41度だったのが、シャワー後
37.44度とわずかに上昇。その後も一旦37.46度まで上がり、
結局30分たっても元の体温には戻らなかった。

一方、半身浴は入浴を始めると少しずつ体温が下がっていくが、
32度の半身浴をした場合は、30分たっても体温は低下したままだったが、
35度の半身浴では入浴終了30分後には元の体温に戻った。

実験を担当した専門家によると、
シャワーの場合、皮膚温は急激に低くなり気持ちよく感じるが、
体内の温度は高いまま。そのため、シャワーの後は汗が出たりし、
逆に不快を感じることもある。

半身浴では、体温より少し低めの35度のお湯に浸かることで、
ほてった体をゆっくり冷やすので、「夏場の入浴法としてはお勧め」とPR。
実験の参加者からも「気持ちが良かった」と評価が高かった。

夏は暑いからと入浴はシャワーだけというのは、
あまり効果的な入浴法ではなさそうですね。

夏も一寸ぬるめのお湯にゆったり浸かって、
一日の疲れを癒すと共に、新陳代謝を高めお肌も体をしっかりケア!

さらにプラスオンで、浴用化粧品“肌美人の湯”を入れ、
全身エイジングケア入浴!

ポリフェノールたっぷりの月桃(生姜科のハーブ)、木酢液、
それに天然ヒアルロン酸、水溶性コラーゲンにセラミド3配合で、
紫外線によるダメージケアとしっかり保湿で
生き生きとしたお肌にキープしてください♪

「人は上がった体温が下がる時に心地よい眠りが訪れます。」
質の良い睡眠にも、寝る前1~2時間の入浴が効果的。

暑い夏!入浴タイムはシャワーではなく湯船に浸かる入浴が
暑~い夏を心身ともに元気に過ごす秘訣と言えるのでは?!

“肌美人の湯”で一石五鳥!夏の健康法♪

カテゴリー:ヘルス&ビューティー

梅雨も明け、毎日暑い日が続きますね。
温暖化の影響か、今年も各地で猛暑日となっており、
TVでも熱中症に関する報道が多く聞かれます。
熱中症対策には、しっかり水分補給と室内では冷房が欠かせませんね。

しかし、暑い屋外と冷房の効いた室内で温度差が大きく、
体温調節が難しくなりがち。
また、紫外線によるお肌の光老化に乾燥、
それに汗によるダメージも気がかり。

こんな状態が毎日続くと、
夏特有のだるさを感じてしまうことが少なくありません。
体調管理や、お肌の管理が難しい季節ですね。

夜も熱帯夜で「ぐっすり眠れない」「朝起きるのがつらい」と、
早くも夏バテ気味の人もいるのでは!?

そんな夏のだるい疲れや気づかない冷え、そしてお肌のダメージケアに、
気軽にできる毎日のおすすめの習慣についてお話します。

その方法とは、ズバリ!
浴用化粧品“肌美人の湯”をお風呂に入れ、湯船入浴する」
です。

冬場に比べて、夏場はシャワー入浴で済ませてしまう方が多いようですが、
浴用化粧品“肌美人の湯”をお湯に入ることで5つの作用が期待できます。

1つ目は温熱作用。
湯船に浸かり体を温めることで体温が上がり血管が広がることで、
血行と代謝が高まり、疲労物質を取り除くことができます。

2つ目は水圧の作用。
ウェストが一時的に3~5センチ細くなるほど水圧がかかり、
血管にも働きかけ、滞った血液やリンパの流れを良くします。

3つ目が浮力の作用。
湯船につかることで体重が普段の10分の1くらいになり、、
一日中体に受けていた重力から解放されるので、筋肉や関節を
休ませることができ、身体全体の緊張がほぐれます。

4つ目は、“肌美人の湯”の作用。
ポリフェノールたっぷりの月桃、木酢液、
それに天然ヒアルロン酸、水溶性コラーゲンやセラミド3などの
保湿成分配合で、紫外線による光老化や乾燥などのダメージをしっかりケア。
また、月桃のほのかな爽やかな香りでリラックスするだけでなく、
自律神経の乱れを整えたり、汗をかいたりするので、体温調節などの機能を
取り戻す上でも有効です。

5つ目は、質の良い睡眠への誘導作用。
人は上がった体温が下がるときに心地よい眠りが訪れます。
就寝1~2時間ほど前に湯船入浴することで、上がった体温が丁度下がって
心地よい眠りにつくことができます。
眠った後の睡眠環境も大切。暑い夜はエアコンを使い、27~28度に設定。
冷気が直接当たらないように扇風機も併用し、
室内の空気を循環させることも忘れずに!

暑い夏・・・・・、
浴用化粧品“肌美人の湯”を入れたお風呂にゆっくり浸かり、
5つの作用で厳しい夏を元気にお過ごしください。

あの平子理沙さんも浴用化粧品“肌美人の湯”を愛用♪
美容と健康のために、毎日の湯船入浴を欠かさないとのことですよ!2015.4.18メレンゲの気持ち・平子理沙・肌美人の湯紹介画像(1)

このページの先頭へ